teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ひなつ 幻さんに会える!!

 投稿者:ペコちゃん  投稿日:2007年 6月 5日(火)02時22分38秒
  6月5日(火)にボンボヤージュへ行くことに決めました。
ひなつ 幻さんの歌も聴きたいし、9ヶ月ぶりに
平野りり子さんにもお会いできるので楽しみです。
平野りり子さん、当日はよろしくお願いします。 <m(__)m>
 
 

ひなつ 幻さん

 投稿者:ペコちゃん  投稿日:2007年 5月11日(金)19時33分51秒
  6月5日(火)にボンボヤージュでシヤンソン歌手の
ひなつ 幻さんが出演されるそうですね。
とてもとても行きたいです。 この遠い広島からでは
日帰りは無理。 でも、彼の歌を聴きたい!!

http://www.geocities.jp/hinatugen2005/

 

NHKラジオにでました!

 投稿者:Leafmanメール  投稿日:2007年 3月16日(金)09時50分6秒
  リリ子様、皆様
 14日、ホワイトデイでしたが、午前10時からのNHKラジオ第1の「ときめきインタビュー」に出演してまいりました。シナリオはなく、山田敦子アナウンサーのリードでの対談でした。1週間前に、ディレクターを含め3人で、下打ち合わせをしましたが、それも、先方の質問にこちらが答える形での「情報提供」だけで、どのような流れになるのか想像できませんでした。
 ボンボヤージュのことは、「牛込のシャンソニエ」という言うにとどまりましたが、オウナーに対する謝意は、かなり表明できました。お客様に対する謝意は、忘れてしまいました。申し訳ありません。
 聞いてくださるのは、もっぱら奥様方だそうですが、放送中のFaxでの反応なども多く、15分ほど番組が延長され、ニュースなどをはさんで1時間15分の番組になりました。出演者としては、嬉しい「想定外」でした。
 4曲、生で演奏できたのですが、ステージのようには行かず、結構大変な作業でした。でも、草笛を全国に伝えることができたのは、ありがたいことでした。「育ての親」のリリ子様、お店の皆様に感謝もうしあげます。m(_ _)m

http://green.ap.teacup.com/leafman/

 

NHKラジオに出ます!

 投稿者:Leafmanメール  投稿日:2007年 3月 3日(土)09時40分0秒
  りり子様、皆様
 先頃は、壬生さんとの約束を違えたり、申し訳ありませんでした。脳の萎縮が進行しているようです。
 こんなLeafmanなのですが、NHKのラジオ「わくわくラジオ」でインタビューを受けることになりました。14日(火)10:00の予定です。来週、下打ち合わせがありますので、そこで、番組の流れが分かりましょうが、今のところ、どんな展開になるのか、良くわかりません。担当者との電話でのやりとりでは、小生のブログ「一葉無限」を読まれて、興味を持ってくれたようです。打ち合わせが済んだ段階でまたご報告(PR!)させていただきます。

http://green.ap.teacup.com/leafman/

 

港が見える丘

 投稿者:Leafmanメール  投稿日:2007年 2月 6日(火)17時11分34秒
  真左夫様
 「港が見える丘」は、草笛グループの愛奏曲(こんな言葉ありましたでしょうか?)でもあります。1年に1度、横浜でかなり大規模な歌謡曲ファンの発表会があり、そのとき草笛演奏の機会をいただいております。横浜への敬意を表す意味から、いつも「港が見える丘」を草笛で演奏しております。
 更にたくさんの人から、この曲の魅力が分かってもらえる日が近づいているのではないでしょうか。

http://green.ap.teacup.com/leafman/

 

記念イベント

 投稿者:真左夫メール  投稿日:2007年 1月27日(土)17時28分55秒
  もし、あれば私も横浜から何度でも飛んで行きます。
イベントの可能性は「君待てども」の歌詞と違って“アキラメ”きれません。

「港が見える丘」は、愚見では、かの「セントルイス・ブルース」に迫る名曲であり、「君待てども」と共に、日本の歌謡曲の長く多彩な歴史の中でも最高の部類に属する作品だと思っています。若い人々(プロのミュジシャンを含む)の中にも結構ファンが存在する事実もこの曲の質の高さを裏書していると思います。
 また私が申すまでもなく、これをその歌唱の力で大ヒットさせた平野愛子さんは、そのCDのタイトルどおり、「昭和を飾った名歌手」であり、ビクターの戦後の復興を支えた最初の大黒柱でもありました。
 その名曲、名歌手が世にデビューして(くどいようですが)60周年。ビクター・エンタメさんあたり、コンサートや新CD発売など、やっぱり何か記念のイベントを考えて下さいませんかねえ・・・・ りり子先生も、“昔風録音”に窺われる様な、今は亡き母上への深い愛情をこめて、きっとご協力下さるのではないか、と勝手に想像しています。
(“もう一度だけ”のはずが、その後何回も投稿。お許し下さい。)
 

♪港の見える丘~♪

 投稿者:ペコちゃん  投稿日:2007年 1月27日(土)02時27分4秒
  >なお、この名曲名唱が世に出て、今年はちょうど60年だそうですね。
何か記念のイベントがあればいいなと思います

もし、あれば万難を排しても広島から飛んで行きます。

いま思い出したのですが、子供の頃に歌謡曲全盛時代でした。
小学校の男の子たちが例えば何かを失敗したときは
「♪あきらめましょ~~アキラメマショ~~♪」と、よく歌って
いましたっけ。 私も歌っていましたよ。
「君待てども」ですが、男の子も結構ラジオの歌を聴いていたのですね。
 

ありがとうございました

 投稿者:真左夫メール  投稿日:2007年 1月26日(金)08時17分23秒
  平野りり子先生
昔の記念録音と思っておりました。「ぺこちゃん」様にもお便りしたのですが、私にとっては、”いま明かされる愉快な秘密のネタ”というところです。
御自らのご返事、大変有難う存じます。今年も感動的な歌を私共に沢山お聴かせください。
 

真左夫さまへ

 投稿者:平野りり子  投稿日:2007年 1月25日(木)23時56分13秒
  久しぶりに掲示板を見たらいろんな書き込みがあり嬉しくなりました。私のcdの最後の
港が見える丘は母に対するスペシャルサンクスの意味で私の歌を昔風に雑音を入れたり
加工したものです。なんとなく古い感じがしませんか。
 

何度もお願いします

 投稿者:Leafmanメール  投稿日:2007年 1月24日(水)12時55分0秒
  真左夫様

シャンソンが日本人に好まれるのは、おっしゃる通り、訳詞の良さがあるのでは、と門外漢の私も考えておりました。アルゼンチン・タンゴや、ジャズは、日本語に訳しにくく、歌いにくいのでは、と思っておりました。多数派のお客様がどちらを好まれるかは明白な感じがいたします。お客様の心に響く日本語で歌えれば、それがベストのはずですので、それを忘れても原語にとどまるのは、それだけの必然性があるのだと、思われます。英語や、スペイン語、その他を聞き取れるお客様は、そう多くはないはずです。Love me tenderぐらいは、私も聞き取れますが・・・

真左夫様のご意見で、私も元気をいただきました。どうぞ「もう一度だけ」などとおっしゃらず、お書き続けられますようお願いいたします。

http://green.ap.teacup.com/leafman/

 

レンタル掲示板
/10