teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


10月定期清掃写真2

 投稿者:会員:髙橋富男メール  投稿日:2011年10月30日(日)21時58分25秒
返信・引用
  10月定期清掃写真2  
 

10月定期清掃写真1

 投稿者:会員:髙橋富男メール  投稿日:2011年10月30日(日)21時47分18秒
返信・引用
  清掃に参加いただいた方から新たな写真が手に入りましたので掲載いたします。  

会員の皆様へ 11月行事予定

 投稿者:会員:髙橋富男メール  投稿日:2011年10月24日(月)14時35分26秒
返信・引用
  11月 3日(祝日) 棚卸し:風車小屋 10:00~11:00
11月 9日(水)  道作り:高田緑地9時集合・風車小屋8:30草刈機運搬
11月13日(日)  秋の大清掃:風車小屋 8:00集合
11月26日(土)  定例月例会:中央公民館 17:00~19:00
 

10月定期清掃活動実施

 投稿者:会員:髙橋富男メール  投稿日:2011年10月23日(日)23時53分54秒
返信・引用
  10月の定期清掃実施(10月23日)

実施日時: 10月23日(日) 9:00~11:00

清掃カ所: 木崎橋→松ヶ崎橋

当日の参加者: 1団体(総勢22名)

        会員12名 (河井、中野、尾曲、佐藤、船田、加藤、高橋、湯原、冠木、藤波、深津、世話役:石田)

ゴミ収集の成果: バイク、タイヤ、塩ビ管、布団、コート、キャスターバック、

        ゴルフバック、黄色のゴミ袋等で39袋(青いゴミ袋が用意できず残念)

<当日の様子メモ>

 天気予報で朝まで強い雨が降るとの予報に加え、昨日からの断続的な強い雨が明け方まで降っていて、今日の清掃活動ができるかヤキモキしましたが、午前中なんとか天候が曇りのまま実施できホットしました。
当日の天候の様子から会員のみ10名程度での清掃となるだろうと思っておりました所、一般団体22名の参加をいただき、会員の私達の清掃道具やゴミ袋の準備不足で、清掃を始める最初からアタフタしました。
参加者は若い人たちで、最初に若者4人に胴長と柄の長い引っ掻き棒を持ってもらい、この4人を川の差右岸に分け、これに従って参加者全員を二手に分かれて、川に入る人と陸上との連携により土手上の道路にゴミを引き上げていきました。引き上げたゴミを黄色のゴミ袋につめて収集カ所の木崎橋たもとと松ヶ崎橋たもとに集積しました。
最後に参加者全員の写真撮影を行い解散しました。併せて11月13日実施の秋の大掃除への参加要請を行いました。(記録:石田)
 

Re: ふるさと大橋・右岸下のゴミ吹き溜まり地点の好転?状況

 投稿者:大堀川のHP管理人  投稿日:2011年 9月16日(金)22時00分12秒
返信・引用
  > No.97[元記事へ]

当会HP管理人です。

先の抽水植物とは、当会の鈴木さんの調査により、どうも
”駆除・防除が望まれる特定外来生物の「ナガエツルノゲイトウ」”
とのことが見えてきました。
http://ligustrum.blog21.fc2.com/blog-entry-91.html

「ゴミがたまらないのはありがたいですが、困ったことです。
あちこちではびこっています。」との話で、やはり喜んでばかり
はいられないようです。

名前と生態がわかってみて、他の川を改めて眺めてみると、
東葛地域においても進出は目覚しいようです。
また、ネット検索をしてみると、日本中で駆除ボランティア
の活動模様が報告されていました。

さて、今後の対応は、当会でもじっくり考えてみたいと思います。

> さて、この夏に大きな変化がありました。
> その吹き溜まりの湾部分を覆うように、水辺の植物が埋め尽くした形になりました。
> この部分は、夏場は10~30センチ程度の水深があったと思われますが、
> 砂地(+ドロ)の川底から、今回お知らせする写真の植物が生えました。
>
> さて、この植物は何でしょうか??
 

ふるさと大橋・右岸下のゴミ吹き溜まり地点の好転?状況

 投稿者:大堀川HP管理人メール  投稿日:2011年 9月 8日(木)10時40分21秒
返信・引用
  大堀川下流域を漂うゴミが、風によってか?吹き溜まる”ふるさと大橋・右岸地点”
があり、予てよりボート清掃なども良く行っていました。

吹き溜まる原因は、岸辺の水際を葦原が砂嘴(さし)のように囲み、湾の部分に
ゴミがたまるものの、普段の川の流れからはカゲの部分なので、ゴミが溜まった
ままになっているものです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/ohorigawa/main/2004_Events/teiten_kansoku_HURISATO_OOHASHI_GOMI.htm#20100808

さて、この夏に大きな変化がありました。
その吹き溜まりの湾部分を覆うように、水辺の植物が埋め尽くした形になりました。
この部分は、夏場は10~30センチ程度の水深があったと思われますが、
砂地(+ドロ)の川底から、今回お知らせする写真の植物が生えました。

夏場をやや過ぎ9月上旬の今は、稲刈り時期の到来により、40-50センチ浅く
なった関係で川底が橋の下まで表出していますが、
この植物のおかげか、ゴミの溜りが予てと比べ、ほとんど少ない状況に好転?し
ました。(見えないところや、別のところに流れて行ったのでしょうが。)

さて、この植物は何でしょうか??

今年は、ここ以外にも元気な植物が、大堀川の水辺に向かって領域拡大して
いる部分が他にもありますが、見た目には皆さん元気です。
先ずは、現状報告いたします。

写真1: 湾(わん)状の部分を埋め尽くした植物
写真2: 埋め尽くした植物~白い花を咲かせた上半分の様子
写真3: 埋め尽くした植物~砂地に根を置く下部の様子
 

駆除…言葉…

 投稿者:KZKメール  投稿日:2011年 6月27日(月)21時44分47秒
返信・引用
  私は30年間バス釣りをしている柏市民です。他県、メディア、いろいろな団体のバス駆除活動を見たり、聞いたりしていて 毎回考えるのです…噛みつき亀や、これから増えたらマズい生物と人間、日本人の感覚や感情で駆除活動を良い事とあたりまえに活動してしまう活動家… ブラックバスの生態に詳しい人は理解されてるのですが、バスも増えつづけたらエサがなくなるので、ある程度増えたら その湖にあった個体数になります。在来種が絶滅する、小魚が絶滅するとかは安易な考えだと いつも考えてしまいます。芦ノ湖、富士五湖、牛久沼などブラックバスが入って20年以上たつ湖はワカサギや在来種が共存して おたがいの釣り人がいます。 私は釣った魚を〔いけない魚だから捨てる〕とは子供らに伝えたくないです。まず生き物は大事にですから… 駆除以外をこれからの日本は考えるべきだと…ブラックバスは個体数が少なくなると 増やさなきゃ 増やさなきゃと遺伝子が働きますよ… 長々と個人的な感情でした。  

大堀川に設置された魚釣り台場

 投稿者:大堀川HP管理人  投稿日:2011年 3月26日(土)17時03分50秒
返信・引用
  大堀川の北柏橋からふるさと大橋にかけて5~6台程度ですが、
魚釣りをする人が設置した桟橋のような台場があります。
釣りをしていない時には持帰っていただくと美観上は望ましい
のではないかと思いますが、賛否両論でしょうか?
 

アサヒ飲料跡地の水溜りと初日(はつひ)

 投稿者:HP管理人  投稿日:2011年 1月 1日(土)13時10分24秒
返信・引用
  2011年 明けましておめでとうございます。

アサヒ飲料跡地にできた広い池(水溜り)を、初日の出をバックに眺めようとして
松ヶ崎城址の高台に、元旦の朝8時頃に登りました。

■1枚目の写真:
残念ながら初日の出は方角は左に切れるため、日の出後の1時間半ほどしても
”池”の左端をかすめる程度です。

■2枚目のパノラマ写真:
”池”の全景です。中央の鉄塔の向こうが慈恵医大病院、右端の遠くに柏の新しい
高層マンションです。池の左端はイチカワ柏工場との間の道路となっています。
 

シャチクリソバ

 投稿者:KS  投稿日:2010年11月26日(金)21時08分58秒
返信・引用
  11/8「事前の道造り」と「道具の在庫確認」 に紹介されている記事の中の話です。

mlでも投稿したのですが、カタカナの順番が少し違うようです。
検索するとすぐ見つかるので実害はないですが・・・。

http://www48.tok2.com/home/mizubasyou/77syakutirisoba.htm
 

北柏ふるさと公園前の”中洲”

 投稿者:HP管理人  投稿日:2010年10月16日(土)23時47分59秒
返信・引用
  北柏と柏ふるさと公園前の水辺に、
水位が浅くなる秋口から春先まで、3、4年前から”中洲”が出現しました。
特に今年は砂地から土壌質が多くなったようで、しっかり植物が生えだしました。(1枚目の写真)
しかしながら、本来は防災のためもあって1.5メートルほどの水深を持たせる
川底への土木工事は約10年前になされました。
2枚目の写真はそのことを掲示板で、今も水辺のすぐ傍に立てられています。

土砂の中洲のないきれいな水辺を期待するにおいて、
もう少し様子を見る必要があるかも知れませんが、一度、掲示板にある
千葉県東葛土木事務所に聞いてみる時期かも知れません。

3枚目の写真は、北柏ふるさと公園前の中洲のパノラマ写真です。
向こうは柏ふるさと公園です。中洲には白鳥、かも等も休んではいるようです
ので、このままでも良いものでしょうか。。
先ずは、公園前の水辺と中洲の現状のご紹介とします。
 

大堀川階段にまた草いっぱい生い茂りました!

 投稿者:大堀川HP管理人  投稿日:2010年10月 9日(土)10時11分30秒
返信・引用
  大堀川の会のHP管理人です。

先般、大堀川わくわくウォーキング(10/3)の際に、当会で階段を完全清掃と
草刈りをした、北柏橋とJR陸橋の間の”水辺の階段”に、精いっぱい草が生
い茂っていました。

春の階段清掃(4/18)の様子は以下URLで確認できますが、階段を
マッサラのように草刈り・清掃していました。
http://members3.jcom.home.ne.jp/ohorigawa/main/2010_Events/2010_Katsudou_Log.htm#20100418-Getsurei

今年の猛暑を越えた約6ヵ月後の10月、以下写真のようにジャングル状態
に戻っています。
改めて階段清掃リーダのKWIさんと対処方針含めて、作戦練り直しも必要
かもしれません。
<写真1枚目> 右岸の階段です(桜の木も埋もれています)。
<写真2,3枚目> 左岸の階段です。
 

大堀川に熱帯魚を放流した人がいます

 投稿者:自転車乗り  投稿日:2010年 5月 2日(日)22時58分43秒
返信・引用
  付け足します。
市に報告しようとも思いましたが、民間団体の方がフットワークが軽いと思い、こちらに投稿しました。
市へは報告していません。
 

Re: サケ

 投稿者:HP管理人  投稿日:2009年11月15日(日)23時18分41秒
返信・引用
  > No.86[元記事へ]

Kazさんへのお返事です。

サケ確認のご連絡有り難うございました。
当会のホームページへも記録として引用させていただきます。何とぞご了承ののほどをお願いいたします。
また情報があればよろしくお願いいたします。
 

サケ

 投稿者:Kaz  投稿日:2009年11月15日(日)18時22分7秒
返信・引用
  本日、12時半頃、松ヶ崎橋の下流で、サケを一匹目撃しました。だいぶ弱っているのか、流れが強い所では押し流されたりしていました。ひたすら遡って行きましたが、新堤橋まで無事たどり着けたでしょうか。  

一般教養セミナーへのお誘い

 投稿者:高田倶楽部メール  投稿日:2009年 9月 5日(土)22時25分20秒
返信・引用
  高田小を利用、総合型地域スポーツクラブ(高田倶楽部)の阿部です。
9月27日(日)体育館で一般教養セミナーを開催いたします。
興味をお持ちの方、気軽にお立ち寄りください。


     「高田倶楽部・一般教養セミナー」

   開催日  2009年9月27日(日)

   開催時間  午後1時~3時

   会 場  高田小学校・体育館
    所在地: 柏市高田376-3


   対 象  どなたでも可

   費 用  無料


  主催者  高田倶楽部(総合型地域スポーツクラブ)
    URL: http://www.takada-sc.com/

    問い合わせ  阿部小児科医院    TEL: 04-7132-1616



     ●テーマ:「魚を通して感じる手賀沼の魅力」

      今回は専門家に、魚を通して手賀沼環境を学びます

     ●講 師:元NHK自然番組デレクター・科学ジャーナリスト
      柴田佳秀先生(柏市在住)
      http://homepage3.nifty.com/shibalabo/
 

Re: タナゴ

 投稿者:HP管理人  投稿日:2009年 8月 6日(木)08時51分9秒
返信・引用
  > No.83[元記事へ]

KSさんへのお返事です。

> 真面目に返事したつもりなのに音沙汰無しですよね。

タナゴに関する問い合わせは、この掲示板に対してでなく、当会への問い合わせ窓口メール向けでした。
多分、KSさんのご回答は参考になっていると思いますが、確かにリプライがあるといいですね。
 

タナゴ

 投稿者:KS  投稿日:2009年 8月 1日(土)00時57分23秒
返信・引用
  真面目に返事したつもりなのに音沙汰無しですよね。  

生き物を取る場所

 投稿者:KS  投稿日:2009年 2月21日(土)20時57分3秒
返信・引用
  生き物を取ってどうするのかが少し気になりますが・・・・。
今取れるのはモツゴあたりでしょうか。暖かくなるとヨシノボリが泳ぎ出します。
初夏になるとスジエビも戻ってきます。
タモ網で取ることが出来るのはその程度です。
運が良ければ、ブルーギルの子供やメダカの子供、フナの子供を見つけることも出来ます。
もう少し大きな生き物、鯉は一年中うろうろしています。これは普通釣ることになります。
変わり種はカメです。誰かが放したいろんなカメがいますが、彼らは気まぐれで何時も何処にいるかは見当も付きません。
以上は何時も行っている大堀川の話です。場所は夏に生き物調査を行う場所です。
少し離れたところでは、第二機場の放水路や、遊歩道・自転車道の山側にある細い水路にエビやモツゴ、タイリクバラタナゴが泳いでいることがあります。
タナゴは大人の釣りマニアが大勢頑張っているので自由にならないと思います。
 

(無題)

 投稿者:小6  投稿日:2009年 2月21日(土)14時22分43秒
返信・引用
  お返事ありがとうございます とっても役に立ちました  今度行ってみたいと思います
僕は生き物が大好きで毎週のように川などに行っています
前は 岩手や北海道に住んでいて去年 千葉に引っ越して来ました
でも千葉の川は全くというほど いい川がないのでつまらないです。
だから 大堀川をきれいにする会はとてもいいことだと思いました。
川をきれいにすると魚もたくさん増えるし 周りの環境も良くなります
これからも川の掃除頑張ってほしいです。 今度イベントあったら行きたいです
 

レンタル掲示板
/6