teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


東粟倉おもちゃ村

 投稿者:TA-TAN(委久子)  投稿日:2012年 8月21日(火)06時56分12秒
  夏休みで家族の出勤がでこぼこな中、私も今日&明日は1泊で
東粟倉おもちゃ村へ出前教室(ワークショップ)にでかけます。

東粟倉は岡山県の北東の隅っこ、地図で言うと右隣が兵庫県、すぐ上が鳥取県です。
冬は雪が深い分、今は朝晩の気温が20°を切ったとか。
2日間だけですが、京都盆地を脱出! です。
 
 

でこぼこ夏休み

 投稿者:TA-TAN(委久子)  投稿日:2012年 8月16日(木)17時22分55秒
  今日は五山の送り火、いわゆる「大文字」です。
京都では、祇園祭の山鉾巡行から大文字までが暑さのピークで、
それを過ぎると朝晩にいくらか秋の気配を感じるものですが、今年はいかに・・・。

それにしても今年の我が家は、家族の休みがバラバラなので、
自宅を仕事場にしている身としては非常に落ち着きません。

会社員の娘は昨日までの1週間、公務員の息子は昨日からの1週間が夏期休暇で、
教員の夫は特に長期には取らないものの、
普段に比べると出勤時間や帰宅時間がまちまちです。
そんなわけで朝起きる時間や、昼・夜の食事の要不要もそれぞれに日々異なり、
ややこしいです。

あ~、早く9月にならないかなあ。



 

絵本と木のおもちゃの店ぴっぴ

 投稿者:TA-TAN(委久子)  投稿日:2012年 8月10日(金)21時50分1秒
  JR琵琶湖線(東海道本線)の南草津駅からすぐのところに、
ぴっぴという名前の、絵本と木のおもちゃのお店があります。
もとは宇治のキッズいわき・ぱふの草津店としてOPENしましたが、3年前に独立しました。

次の日曜日にそのぴっぴの主催で、辻井正先生の講演会があります。
辻井先生は、今から30年余り前に、ヨーロッパで学んだことをベースに、
障がいのある子もない子も発達に即したおもちゃで一緒に遊ぼう!という
「おもちゃライブラリー」を日本で初めて開設した人で、
おもちゃや療育、子育てに関する著書もたくさんあります。

今回は、幼児の発達障がいについての講演とワークショップで、私も受講する予定です。
その一方で、会場で定番キットの販売をさせていただくことになりました。

場所は、南草津駅から歩道橋でつながっている南草津フェリエの大会議室で、
10:00~17:00です。
講演会Yワークショップに参加しなくても、キットだけでもお求めいただけます。
お近くの方は、ぜひ遊びに来てください。

http://www.pipi-kids.jp/ (ぴっぴ)
 

コミュニティプラザ深草図書館

 投稿者:TA-TAN(委久子)  投稿日:2012年 8月 4日(土)08時58分57秒
  千春さん、書き込みありがとうございます。
5日のイベント、たくさんの子ども達が来てくれるといいですね。

昨日はこの地域の小学校に併設されているコミュニティプラザ深草図書館へ、
午後の2時間ほど、書架整理のお手伝いに行ってきました。

この図書館は小学校の児童が授業時間や休み時間に使うので、
地域住民が利用できるのは、普段は水木の16:00~19:00~土日の10:00~16:00だけです。

でもこの夏は、市内の他の公共施設と同様に「クールスポット」に指定されたので、
水木に加えて金曜日も開けることになり、時間も14:00~19:00と普段より長めです。

でも職員の数は変わらないので、
ボランティア登録をしている者に協力の呼びかけがありました。

私は普段は金曜日はぴんくっしょんなどが入っていますが、
8月はお休みさせてもらっているので、ちょうどいい!と思って、出かけてきました。

行ってみてびっくり。普段は閉館している日なのに、小学生や幼児とそのお母さんを
中心にたくさんの来館者がありました。
学校からの「お手紙」で、開館日&開館時間が周知されているのですね!

ちなみにこの図書館は、利用者の居住区に制限があるので、穴場です。
昨日も、最近新聞広告によく出ている「猫背は治る!」や、
辻村深月さんの直木賞受賞作「鍵のない夢を見る」などを借りてきました。
次回のお手伝いは2週間後。ちょうど昨日借りた本を返す日です。
 

はじめまして

 投稿者:服部千春  投稿日:2012年 8月 1日(水)10時14分37秒
  委久子さんのお友だちの服部千春ともうします。
京都市在住の主婦兼児童文学作家です。
主に講談社の青い鳥文庫や岩崎書店で幼年ものを
書かせていただいてます。
委久子さんとは、某教室でお会いしたのがご縁です。

先日はインターナショナルスクールの子どもたちが選ぶ、
「さくらメダル」www.sakuramedal.comをいただいて、うれしくて
つい委久子さんにも自慢してしまいました。

今月5日は、14:00~、こどもみらい館で四条ジュンク堂主催のイベント、
「キッズフェスタ」に参加します。わたしは、
「まいごの、まいごのゴンザレス」服部千春作、村上康成絵、岩崎書店、
を朗読します。
他に亀岡在住の童話作家、北川チハルさんの読み語りもあります。
どうぞ、お子たちみなさんで来ていただきたいです。
よろしくお願いします。
 

桜メダル

 投稿者:TA-TAN(委久子)  投稿日:2012年 7月31日(火)22時10分29秒
  7月も今日でおしまいですね。
毎日暑い日が続いていますが、今日はこちらは湿気が少なくて比較的ラクでした。

ところで、前回書き込みをした服部千春さんの著書のタイトルに間違いがありました。
「シッコザウルス」は、正しくは「さらば、シッコザウルス」でした。

そしてこの本が、日本各地のインターナショナルスクールに通う子ども達が
日本の絵本・児童書・小説などの中からお気に入りを選ぶ
「桜メダル」を、他の数冊の本と共に受賞したそうです!(^^)!

おねしょを繰り返す主人公の失敗と成長が、子ども達の共感を生んだのだと思います。
お話はもとより、それにピッタリの村上康成さんの挿絵も素敵です(^-^)
 

キッズフェスタお話し会

 投稿者:TA-TAN(委久子)  投稿日:2012年 7月23日(月)22時34分44秒
  今回も友人からのお知らせです。
私の友人で童話作家の服部千春さんが、ジュンク堂書店の企画により、
8月5日(日)14:00~こどもみらい館(京都)で開かれる
「第2回キッズフェスタ お話し会」で、自作の読み聞かせをします。

千春さんは私と同世代で、童話コンクールで受賞して作家デビューして以来、
幼児向けには「シッコザウルス」「まいごのゴンザレス」など、
小学生向けには、青い鳥文庫の「4年1組シリーズ」や「卒業うどん」など
たくさんのお話を書いていて、どれも読み終わった後、暖かい気持ちになれます。

当日は著書の販売やサイン会もあるそうですので、ぜひ遊びに行ってください。

お話し会のチラシが掲載されている、ジュンク堂京都店のHPをご案内します。
最初に出てくる地図は書店の場所で、みらい館の地図はチラシの中です。ご注意ください。

http://www.junkudo.co.jp/tenpo/shop-kyoto.html#event
 

遊びの寺子屋

 投稿者:TA-TAN(委久子)  投稿日:2012年 7月20日(金)22時08分43秒
  祇園祭の山鉾巡行は、強い日差しの中で例年通り無事に行われました。
そして京都の子ども達は、今日を一区切りに夏休みになったようです。

ところで友人からの案内です。
法然院で来週末に、毎年恒例の「遊びの寺子屋」が実施されます。
子ども向けにいろんな教室があって、私も昨年「野染め」に参加しました。

法然院は京都の東側、大文字のふもと銀閣寺の南側に位置します。
白川通りから東へ入り、哲学の道と呼ばれている疏水を渡ってさらに東へ。
もはや山の中という感じで、ぐっと気温が下がります。
避暑を兼ねて訪ねてみるのもオススメです。下記アドレスから詳細をご覧ください。

http://www.jttk.zaq.ne.jp/baais400/pdf/2012_terakoya1.pdf (チラシ1)

http://www.jttk.zaq.ne.jp/baais400/pdf/2012_terakoya2.pdf (チラシ2)


 

御輿洗い

 投稿者:TA-TAN(委久子)  投稿日:2012年 7月12日(木)19時38分25秒
  7月も半ばに差し掛かってきました。
京都の真ん中では、祇園祭の行事が粛々と進められています。
ハイライトの山鉾巡行は17日ですが、実は祇園祭は7月1ヶ月間にわたるお祭りです。

でも京都人でさえ知らない行事も多くて、
一昨日に行われた「お迎え提灯」と「御輿洗い」を、私も今年誘われて初めて見ました。

御輿洗いは、八坂神社を夜8時前に白装束の男性達に担がれて出発した御輿が
四条大橋の上で、朝から汲んであった鴨川の水で清められるもので、
名前くらいは知っていましたが、目の当たりにするのは初めてでした。

また昨日は、たまたま市バスで四条通りを通ったら、鉾建てが始まっていて、
長刀鉾・函谷鉾・月鉾の骨組みが組まれている様子を見ることができました。

明日はそれぞれの鉾で曳き初めがあって、誰でも参加できます。

また田島征彦さんの絵本「祇園祭」の原画も、室町四条上るの「染・清流館」で
22日まで展示されているそうです。



 

糺の森で手づくり市

 投稿者:TA-TAN(委久子)  投稿日:2012年 7月 9日(月)22時54分34秒
  先週末、下鴨神社の糺の森(ただすのもり)で開かれた、森の手づくり市を
娘と一緒にのぞいてきました。

早朝まで雨が降っていたので、足下はぬかるんでいましたが、あまり暑くなく、
樹齢何百年の大きな木々の間を心地よい風が通り抜けていました。

お店は半分くらいが、コットンやリネンを使ったバッグやがま口などの雑貨類で、
ときどきレザークラフト、陶芸、木工、ガラスなども見かける、という感じでした。
中にはフェルトで、6切れに切れるピザ&カッターも作ってセットにしたり、
具材がバラバラにできるクレープ、ショートケーキなどを作って売っている人も。
あと、本物の(!)食べ物を調理して販売するワンボックスカーも何台か。
それと、ミニコンサートも開かれていました。

出店者はタープの下にテーブルやフックを配置して、思い思いに作品を並べていました。
雑貨は20~30代くらいの女性の店主が多くて、
どれも布地の使い方がうまく、とても丁寧に作ってありました。

次回は10月13日(土)~14日(日)に開かれるようです。
ちなみに入場は無料、出店は1日3000円で、申込みは今月中のようです。
詳しくはHPをご覧ください。

http://monocro.info/
 

レンタル掲示板
/52