teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


11月20日に突然、ネットワークプレーヤーの購入をマジで検討する、ティールな客からの初書き込み

 投稿者:ディンガー  投稿日:2011年11月24日(木)00時35分16秒
返信・引用
  ブログの紹介されてから。メールがうまくいかなくて、レスが遅れて、申し訳ない あらためて、夜分遅くにこんばんわ CDやアニメの収集でエエもん見つかりましたか?
 
 
 

KP800について

 投稿者:はちのへ  投稿日:2010年 6月20日(日)06時43分6秒
返信・引用
  お世話になりっぱなしの<はちのへ>です。地元リサイクルでKP800を保護いたしました。これでKP友の会まで入会できそうです。電源をいれたところ、ターンテーブルがゆっくりと正、逆回転をくりかえすのです。それだけ。ケンウッドサービスに問い合わせたら、TA7234Pが原因かな??とアドバイス。でTA7234を探しているのですが、国内では検索に引っかからず、中国??で。外国から部品とりよせ???どなたか経験者おありでしょうか?  

お答えします

 投稿者:はちのへ  投稿日:2009年 6月 4日(木)06時28分24秒
返信・引用
  カラーコードが不鮮明ではっきりと分からないのですが、もう一方についている抵抗値が測定結果30オームでした。どうなんでしょうか???もうひとつ中点電位ですが、軽くノイズがありますのでこれからゆっくりと低い数値に落としていきたいなと考えております。  

30オーム?

 投稿者:マランツに連敗  投稿日:2009年 6月 3日(水)23時00分35秒
返信・引用
  トランスのCTからアースに30オームの抵抗が入っているなんてぇのは、いまいち理解できませんねぇ。
数オーム程度なら、巻線電圧の調整であるとか、ラッシュカレントからダイオードを保護するためとか見当はつくんですが・・・

中点電位が100mV程度あるとプロテクタが外れた瞬間や、電源オフ時に軽くプチノイズが入りませんか?
50mV以下に収めておく方が精神安定上良いかもしれません。
 

音でました

 投稿者:はちのへ  投稿日:2009年 6月 3日(水)20時49分46秒
返信・引用
  電源回路の部品数はそんなに多くないので虱潰しにあたりました。そしたらトランスからでているCTがアースにつながるラインにはいっている30オームが断線しておりました。これを交換したら、プラスマイナス55Vになり、プロテクタもはずれました。ただいまCDを聞きながら試運転中であります。いやーーお酒がおいしい~~~ありがとうございました。感謝であります。  

試してみました。

 投稿者:はちのへ  投稿日:2009年 6月 3日(水)05時57分6秒
返信・引用
  早速セメント抵抗の中点で電圧を測定したら、100mV,117mVでした。あれま???これくらいでプロテクトになる???またしても、思いこみで失敗らしい。おかしいので、もう一度最初から点検しなおし。R-CHのプラス電圧とマイナス電圧が55V程度でバランスするはずなのに、マイナス側が63Vでていました。これは前に、パイオニアA=8800Xで経験したあれとおんなじじゃありませんか!!!さっそく電源周辺のダイオードを点検、念のため交換それでもなおりません。すると巨大ブロックコンデンサ???または前と同じくアースのトラブルでありましょうか???もうすこし点検してみます。ではでは!!!  

どうも感謝です!!

 投稿者:はちのへ  投稿日:2009年 6月 2日(火)04時32分59秒
返信・引用
  いつも、同じような質問に丁寧に返事をいただき感謝です。さっそく点検してみたいと思います。結果が出たら、お知らせします。画像掲示板の膨大な修理記録を拝見してただただ驚いております。私から見ると、プロの職人さんというところでしょうか!!!あこがれ~~~でありますよ。わたしもいつかそうなれるといいな。  

AU-D607Fエクストラ

 投稿者:マランツに連敗  投稿日:2009年 6月 1日(月)20時14分44秒
返信・引用
  サンスイのプリメインアンプが一種のバランスアンプ回路を採用するのは
「X」からですので、607Fや607Gはバランスアンプではありません。

プロテクタが作動していないときは、便宜上スピーカー端子でも
構わないですが、リレーの接触がよくないと電圧がふらつき、
あまり正確ではありません。

で、DCモレを測定するには「中点」の電位を測ることになります。
この方法ではプロテクタに関係なく測定する事ができます。

「中点」の場所はテストピンが出ている場合もありますが、どれが
そのテストピンかわからないときは、エミッタ抵抗のつながった点の電圧
を測定します。

パワートランジスタのエミッタに白く四角い0.22~0.47Ω位のセメント抵抗
が1個ずつつながっています。
2SA側のセメント抵抗と2SC側のセメント抵抗がつながっている点が「中点」
で、ここの電圧が約0.6ボルトを超えたくらいの電圧になっていると
プロテクタが作動します。
 

お世話になります

 投稿者:はちのへ  投稿日:2009年 5月30日(土)05時38分57秒
返信・引用
  らいちゃんのコーナーでお世話になっていたはちのへといいます。よろしくお願いいたします。実は、つい先日AUD-607Fエクストラを地元のリサイクル屋から購入シマシタ。プロテクタがはずれません。これはあこがれのバランスアンプでしょうか???テスター3台であちこち測定するあれですか??わくわくするなああ!!607といえばこちらに聞くと早いかなと思い投稿しています。プロテクタが作動しているときにはどうやってDC漏れを測定するのでしょうか??普通はスピーカー端子をつかってやるもんだとのことですが??メインアンプの放熱器がわ中央に4こテストピンがありまして、これを使うのかしらん??と思ったりしています。マランツに連敗どの皆様方のアドバイスよろしくお願いいたします。  

Re

 投稿者:イトケン  投稿日:2008年 4月21日(月)23時48分29秒
返信・引用
  こんばんわ、坂本さん
ご無沙汰してます、早速HP拝見させていただきました。
なかなかシンプルにまとまっていて見やすいですね、今後とも宜しくです。

このページも、大改修の予定です。
 

レンタル掲示板
/43