teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:6/249 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

新年あけました

 投稿者:  投稿日:2017年 1月18日(水)01時02分32秒
  通報
  新年あけましてあっという間、もう1月も半ばを過ぎました。
先週末は雪がふって積もってひゃ~っとなりました。
こけた、という人が周りに何人か。気をつけなあかんな。
寒くて寒くて、ここ最近は、昼からの仕事がおなかが冷えひえですぐピーってなってしまう。
早退をしてます。カイロはったり着こんだりしとるけど、芯から冷えるだな。
『パーティー51』を見た。韓国のうどん屋さんの立ち退きを反対するのにバンドたちが毎日演奏をして立てこもり。その後、結局立ち退くことになって、バンドたちは新たな居場所を求めてライブをしまくり、音楽を職業として生きていく居場所を探したり、なんだかすごいパワーにあふれてた。マッシュルームが終わったときには、バンドたちは、居場所をなくしたけど、そのままばらばらに活動して、それぞれが新たな場所をみつけたり、音楽をやめたり、ほでも、やっぱりマッシュルームのような場所は、なかなかない。練習スタジオとライブハウスが一緒になってて、いつでもすきなことをやらせてもらえたし、お客さんがいなくても、新しい事や面白い事を始められたし、結構自由にできた。けど、それはうちらがスタッフさせてもらってたからっていうのもあるし、やっぱりノルマはあったし、大変やけど、楽しんでたな。お金ない子ばかりやったけど。ほでも、今は、自由に遊べる場所がなかなかない。まず、大きな音がだせて、音響設備もあって、ノンジャンルで遊べるところ。大きな音ってやっぱりライブハウスじゃないとなかなか出せないしなぁ。まぁ、環境はいろいろ違うけれど、自分たちの居場所を探してるのは一緒やな。姫路は場所がなくなった。ライブじゃなくても集まって話したり、音楽の交流をしたり、面白い事考えたりできる場所。ずっとあるっていう場所をなくしたのはさびしいな。ハルモニアは結構自由にやらせてもらえる貴重な場所だけれど。
『パーティ51』は、ちょっと『精神解放のための音楽』を思い出した。韓国のインディーズバンドの爆発というか、それまでの歴史を知らないけれど、突然ぽんっと飛び越えたような音楽性を感じて、あの頃の関西のシーンを少し思い出した。
ふと今日はいろいろ懐かしく思うこともあって、久々の友人に電話してみた。元気そうでよかった。ほでもって、突然20年ぶりくらいに姪っ子が現れて、家にやってきた。大人になってかわいかった。なんか不思議な感覚。親戚だけど、久々に会うと緊張するだ。ほでも喜んでくれてよかった。
仕事場のおばさんが春にやめるときいて、なんだかそわそわ。うちもやめたいよー。体が持たない。みんな毎日働いてすごいなって思う。あんなしんどい仕事。。。
信長の野望を頑張ってる。まぁこんが信長をとってしまって、うちは、播磨の長治さんを選んだら、なかなか弱くて、なかなか国を大きくできないむずむず。まず武将がいないし。まぁこんははじめっからすごいいっぱい武将も持っていて、絶対有利なのに、なんにも手加減してくれず、戦争ばっかりして全国制覇しようとしてる。恐ろしい。
 
 
》記事一覧表示

新着順:6/249 《前のページ | 次のページ》
/249